食感

食感

バッケンオーブンで生まれる生地の特徴は、その食感にあります。

高気密性により、一定の温度で焼き上げることができるため、
保水性が高く気泡も均一で、
「ふわふわ感」と「なめらかな口どけ」の両立を実現します。

一般的なトンネルオーブンは、
素材の味を楽しめるしっとりとした食感に仕上がりますが、
生地に熱がこもりやすいという特徴があります。

一方、バッケン・ロングスルーオーブンで焼き上げた生地は、
火通りが良く、保水性によるスーッととろける食感を実現します。

LINEで送る


Leave a Reply